トップ

住宅地に農地を転用するのは

住宅地に転用するには

職業

農地転用で住宅にするとどうなる

農地と宅地では、宅地の方が土地としての評価が高くなります。また、農地は農業をする土地として使用しなければならないと定められており、用途はかなり狭いと言えるでしょう。宅地にしてしまえば住宅を建てることができます。店を営むこともできます。宅地は農地より遥かに使い勝手が良いと言えるでしょう。ただ、宅地に変えて家を建てたいからといって簡単に農地転用ができるわけではありません。農地を宅地に転用するには農地法所定の手続きを取り、都道府県知事または農林水産大臣の許可が必要になります。住宅にする目的で他人に売買する場合も同様の手続きを要することになります。

宅地への農地転用方法

住宅地への農地転用を行う場合、農地法に定められている手続きをとる必要があります。土地としての価値は農地よりも宅地の方が高いです。ですが、日本の主食は米ですし、農地を市民の一存で勝手に転用してしまっては、国の政策がし難くなります。勝手に農地を宅地に転用しないように、農地法には厳格な手続きが定められています。農地を宅地に転用する場合、都道府県知事または農林水産大臣に許可をもらわなければなりません。農地を宅地に転用する目的で売買する場合も、都道府県知事または農林水産大臣の許可が必要です。どちらの許可が必要かは住宅に転用する農地の広さによって変わります。

↑PAGE TOP

© Copyright 住宅地に農地を転用するのは. All rights reserved.